自分の人生が嫌いでした。6

 みなさまこんにちは!

今日もブログを見てくださりありがとうございます~!

自分の人生が嫌いでした。⑤のつづきです。

はじめての方はからどうぞ~!

 

本編

 

あとがき

犯人は同じグループ、人というわけでなく、

なんとなくクラスの中で「この子にはちょっかいを出してもいい」って空気があって

何人かのやんちゃな子に嫌がらせまがいのことをされてました。

わたしだけがターゲットだったわけでなく、例えば鉛筆をトイレに捨てられたのは

ひとりの男の子が暴走して、クラスのたくさんの子の鉛筆を奪って捨てていたのでした。

「対集団でいじめられていた!」ってわけではないです。

友達と呼べる子も何人かいて、楽しく笑って過ごす日もありました。

 

でもなんとなく、自分がみんなのからかいの的になりやすいことを自覚し始めていて

どうしてこうなってしまったんだろうと考えていました。

 

⑦につづきます。