自分の人生が嫌いでした。10

 

みなさまこんにちは!

今日もブログに足を運んでくださりありがとうございます~

自分の人生が嫌いでした。9のつづきです。

はじめてこのシリーズを読む方はこちらからどうぞ。

 

ついに10話!なかなか展開が進まず申し訳ないです・・・

ゆるっとお付き合いいただけると幸いです><

 

本編

 

あとがき

「生きる上で心がけていること」の記事でも書いたように

「信頼できる存在がいる」ことは、精神衛生上とても大切だと思います。

このときのわたしはちかちゃんのおかげで、嫌がらせに対してもビクビクしないようになりました。

それと、話に登場しませんでしたが3年のときの担任の先生がとても良い先生だったことも味方しました。

若い女の先生だったのですが元警察官で指導がゴリゴリに怖かったのです。

わたしにちょっかいをかけている男子生徒はみんなの前で締め上げられていて(多分、今やったら体罰・・・)

それを見た生徒も手を出さなくなり・・・

大胆に嫌がらせを受けることもなくなっていたのです。

勉強も楽しいし、仲良しの友達もいる。

3-4年生は平和に過ごせた時間でした。

 

自分の人生が嫌いでした。11につづきます。

Advertisement