自分の人生が嫌いでした。17

こんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。16

はじめから読む方はこちらから⇒はじめから

 

本編

ちょっとだけあらすじ

中学に入って、勉強も部活もなにもかも小学生と違うことに気付いたわたし。

しかし勉強も部活も苦痛というほどではなく、一番戸惑ったことは…

 

あとがき

中学生になると、女子って一気に垢抜けますよね!!!

「女」を意識するというか…いつまでも脳内小学生のわたしはサッパリついていけませんでした。

というか今もその手の話には全然ついていけないんですけど(笑)

むかしっから全然興味なかったんですよね。

これもおそらく母の影響です(笑)

母は美容とか一切興味なく(自分でメイクしてんの見たことない)

テレビでバラエティとか、お笑いとか絶対観ないひとでした。

たま~にわたしがエンタの神様とか観ようとすると「煩いの嫌いだから切って…」と言われ容赦なくドキュメンタリー番組に変えられてしまう始末…

母はお笑いとかで「誰かをバカにするようなジョーク」を聞くのがすっっごく嫌いなんです。

今は母の気持ちめっちゃわかるし、ドキュメンタリーもタメになることがたくさんあったから良いのだけど

当時は観たいものを観せてくれない母を恨んでました(T▽T)

 

つづきます。

 

Advertisement