自分の人生が嫌いでした。33

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。32

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

友達に付いてきた文化祭で先輩に進路相談をしているわたし。

学校や友達について楽しそうに話す先輩はすごく魅力的だった。

 

 

あとがき

先輩が連れてきてくれたのは、

ちょっとぽっちゃりしていて、メガネをかけた先輩でした。

正直、わたしと同じように、コスメや美容に興味がなさそうなタイプに見えました。

ギャル風の先輩と楽しそうに話す姿は、不思議な光景でした。

 

つづきます。