自分の人生が嫌いでした。35

みなさまこんにちは~!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。34

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

友達に連れて行ってもらった高校の文化祭で、

どんな個性も認め合う校風に心を持って行かれたわたし。

あとがき

 

目標が見つかったときの、靄が晴れて道が拓けるような感覚は忘れられません!

この時点では、「受からなかったらどうしよう」どころか受かる可能性の方が俄然低かったんですけどね^^;

 

今までやこれからの話で、この高校かな?とお分かりになる方がいらっしゃるかもしれませんが

インスタで他の方にわかるような形でコメントされることはお控えくださいませ…!

 

つづきます。