自分の人生が嫌いでした。40

みなさまこんにちは!

今日もブログを見てくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。39

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

推薦の合格発表の日。わたしの受験番号はそこにはなかった。

悲しみに暮れるわたしに、「泣かないで~!」の声。

 

あとがき

 

声を掛けてくれたのは、2階の窓から身を乗り出してくれた先輩。

「一般でがんばれ~!」と励ましてくれたのです。

ハッキリクッキリ、覚えています。

わたしだけじゃなくて、しょんぼり歩くみんなに声を掛けていたんですが、

本当に本当に励まされました。

ますますこの学校に行きたくなり、なにがなんでも一般で合格したい!!と思いました。

 

合格発表に行った後は寄り道せずにまっすぐ中学校に行くルールだったのですが、

母と「今日くらいいいよね~」とマックに行ってだべっていたのを覚えています。

わたしは超真面目だったので、「ばれないよね~」と言いながら内心ハラハラしてた^▽^;

 

つづきます。

 

Advertisement