浸りたい。

みなさまこんにちは!

ブログ読んでくださってありがとうございます~~!

 

前回の「食べ残すのイヤ」記事にコメントやDMなどいただきありがとうございました!

わたしと同じように当たり前のように食べ残す習慣をなんとかしたい、と思っている方もたくさんいらして心強かったです。

また、フォロワーさんから教えていただいたのですが、いろいろな自治体で「30.10運動(さんまる・いちまる運動)」という取り組みが提唱されていることを知りました。

これは何かと言うと、乾杯後の30分とお開き前の10分は、自分の席について食べることに集中し、食品ロスをなくしましょうという運動のことだそうです。

長野県松本市から起こった運動で、各自治体に広まっているようです。

とてもすばらしい運動だなと思ったので、これから飲み会の幹事を引き受けられる機会があるかたはぜひ参加者の方にこの「30・10運動」を呼びかけていただければなあと思います。

わたしも会社の飲み会で広められるようがんばってみます!

30・10運動について詳しくお知りになりたいかたはこちらの無印良品さんのページをご覧ください

 

 

さて、下記から今日の記事です!

 

 

突然ですがわたしは「世界観に浸る」行為が大好きです。

海外に旅行に行ったときはその国の民族衣装を着たり、伝統文化に触れたり国民食を食べたり。

いきなりスケールの大きい話をしましたが、例えば先日プラネタリウムに行ったときは、星デザインのスカートと紺色(宇宙モチーフ!)のトップスで行きました。

ちなみに先日弟とドンキーコング(ゲーム)プレイしたとき、おもむろに弟がバナナチョコのお菓子取り出して、「ドンキーのおともはやっぱりこれですよね」って言ってて、こいつは間違いなくわたしの弟だと思った。

 

ピザを頼んだ!

 

さて、そんなわたしですが先日はじめての試みで職場でピザを頼んでみました!

なんと今ドミノ○ザ、水曜は1枚ピザ買ったらもう2枚無料とかいう

経営大丈夫か?と不安になるくらい大盤振舞のキャンペーンやってるんですよね・・

わたしが働いてた時、持ち帰りで20%OFFが限界?だったのに、いつのまにか

半額キャンペーン始めたな~と思ったらこれ。1/3だよ!?すごすぎる・・・。

 

ピザ、ウマ~~~~!!!!!

もちろんコーラも買って、気分は完全にアメリカン。

(ピザとコーラだけでアメリカン気分…お手軽なやつ)

 

ううむ…

もっとアメリカンな世界に浸れないだろうか…

※英語テキトーです

気分は完全にNewYorker☆

そしてわたしはひらめいた!

あ!!一番だいじな’movie’を入れ忘れた(T▽T)バカ~

 

映画館で洋画でも観ながらポップコーンをつまむなんて、、

アメリカンっぽいんじゃない?!!?

 

一度こうした~い!と思ったらとにかくやりたくなる…それがわたし。

仕事をなんとかかんとか片付けて、突然半休を取って早退。笑

 

 

突然半休取るのも、自由の国アメリカっぽくていいんじゃない?!(安直)

(うちの職場は裁量制なので仕事を終えれば休み取ってOK)

 

というわけで・・・アメリカンに浸りまくって映画館へ!!

もちろんキャラメルポップコーンをお供に!!

Let’s have a fun!!!

 

 

そして肝心の映画はどうだったかと言いますと

 

ツッコミどころ満載すぎた・・・・。

 

(その映画大好きな人もいるかもしれないからタイトルはあえて書かないYO!)

 

とりあえずアメリカンな世界観に浸れただけ、良しとするか・・・。

 

今日の1冊!

ナルニア国ものがたりーライオンと魔女ー/C・S・ルイス

アメリカン続きで洋書を・・・!と思ったのですが最近ほぼほぼ読んでないので、

むか~し好きだったシリーズを紹介させてください!(じぶきらシリーズにも登場しました!)

全7巻から成る長編小説なのですが、1冊ごとにちゃんと完結しています。

この「ライオンと魔女」はシリーズの第1作目で、シリーズの中でわたしが一番好きなお話です。

 

ピーター、エドワード、スーザン、ルーシーの4人兄弟が、両親と離れ遠い親戚が住む洋館に戦争疎開するところから物語が始まります。

洋館を探検していた末っ子のルーシーはとある洋服ダンスに目を留めます。

タンスを開けて中に入り、たくさんの洋服の間を縫って奥に進むと・・・

タンスの中なのになぜか雪が降っていて、天井を見上げようとすると空!

そう、そこがナルニア国!

幼いルーシーは一人きりで、魔女が支配するナルニア国に迷い込んでしまったのです。

 

そしてそれが、4人の兄弟のナルニアでの大冒険のはじまりでした。

 

・・・私があらすじ書くとどうも面白みに欠けてしまう…!

わたしナルニア国シリーズだいっすきなのですが、本をおすすめするってなかなか難しい!(><)

修行せねば~~~・・・

 

映画にもなっていたので聞いたことある!という方たくさんいらっしゃると思うのですが

原作は心理描写がていねいに描かれていてとても感情移入できますよ。

そして正義の王(姿がライオンっていうのも・・・!)、アスランのかっこよさ・・・!!!!ハア・・・!

わたしはこれを読んで完全にライオンのトリコになりましたね。

動物園でもライオンが一番好き。その次、馬。(馬も5作目ででてきます)

絶対ナルニア国物語の影響!笑

 

対象年齢は8~10歳のようですが(狭いな)

大人でも楽しめるとわたしは思います!

ぜひ一度読んでみてくださいね~!

Advertisement