【みん好き③】プリキュア

みなさまこんにちは!

ブログを覗いてくださってありがとうございます!m(_ _)m

今日はみん好き第3弾です!

 

みん好き

 

あとがき

 

プリキュアっていろんな「かわいい!」が詰まってて夢がありますよねえ…。

5色のきれいな髪色だったり、衣装、変身シーン、素直でひたむきな性格などなど…。

それでいてストーリーもちゃんと組み立てられている。

それはなぜか、ちゃんと理由があるように思います。

 

わたし、大学時代子ども向け絵本について調査・研究する講義を受けていました。

絵本って一見すごく簡単で単調に見えがちですが、すっごく練って練って考えられているものばかりなんですよ。

深いメッセージを、子どもにもわかるような簡単な言葉でちゃんと伝えるためにはどうしたらいいか。

絵本作家さんたちはすごく考えてらっしゃいます。

なぜかというと、子どもって実は大人が思うよりシビアな目線を持っているんです。

ちゃんと面白くないと、熱中しないんです。

 

プリキュアや他の幼児向け番組も同じ。

ただカワイイキャラクターがたくさん出ているから。戦って勝つシーンが見たいから。

そんな理由じゃなくて、シリーズごと、その回ごとにちゃんと「いつも変わらないところ」と「今日観て良かったと思わせてくれるところ」を探していて、キャラクターやストーリーの魅力が深まってこそハマってくれる。

子ども騙しなんて通用しないんです。

だから制作側も必死。

プリキュアみたいにシリーズがずっと続いてるのなんてさらに大変だと思いますよ~><

「前のシリーズとは変化をつけて」「でもプリキュアらしさは残し」「キャラクターは被らないように」「でもどの子も魅力的に」・・考えることがたくさんありますもんね!

 

わたしも高校生のとき観ていた「yes!プリキュア5go go!」は第4作だったようですが

こんなにストーリーちゃんとしてるんだあ~!と感動した記憶があります。

普通に泣いたりしてましたよ(笑)

あとラブコメ的な部分もちゃんとあって!!

ココとナッツという・・かわいらし~マスコットキャラクターが!!(セーラームーンで言ったらルナとアルテミス的な存在)

なんと!!

変身するとイケメンになるという!!!笑

これはおねえさんホイホイですよ!!!笑

描いちゃったよ!もう!(笑)

わたしはココ(左)派だったんですけどね。

あと、「gogo」から出てきたココとナッツの仲間の「シロップ」って少年もまたいい味出しててねぇ。

良かったらこの「gogo」のオープニングを見て・・・

1:02くらいからのシロップの微笑を見て・・・

 

なんか熱く語っちゃったけど、とにかくプリキュアは老若男女に関わらず愛されるアニメだと思います。

ライブもあるというのは驚き!絶対楽しい~~!

今回もすてきな「好きなもの」ご紹介いただき、ありがとうございました!!(^▽^)

 

ちなみに1コマ目のプリキュアの線画、地味に描くの時間かかったのでコピーして塗り絵にしてみました(笑)

良かったらぜひ・・・(笑)

(あっ!いちかちゃんの髪の毛がボリューム不足!ごめんなさいっ!)

 

☆「好きなもの教えてください企画」ご応募は期限無しで受け付けています☆

ご紹介いただける方はぜひこちらの記事で応募方法をご確認の上ご参加ください!

みなさまのご参加、楽しみにお待ちしています(^^)

 

今日の1冊はこれ!

武道館/朝井リョウ

 

プリキュアとはちょっと違いますが、「アイドル」の話です。

アイドルって不思議な存在ですよね。

みなさんご存知の通り、わたしたちと同じふつうの人間なんですけど(笑)

恋愛禁止、スルースキル、炎上、握手会、卒業・・・

アイドル以外は関係のないこれらの言葉が日常を取り巻く存在、それがアイドルです。

わたし本当に不思議なんですけど、なんでアイドルって恋愛しちゃいけないんですかね??

別に彼氏がいても結婚しても子どもがいても、仕事をしっかりやって、ファンがついていればそれが「アイドル」でいいと思うんですが…。

おそらく朝井さんもそう思っているんだろうな、とこの本を読んで思いました。

「アイドル」が背負っている十字架を一度言葉にしてみたかったという朝井さん。

アイドル好きな方にとっても、そうでない方にとっても、この本が現代の「当たり前」を一度見つめ返すきっかけになればと思います。

朝井さんの文体は特に若い方にはとても馴染み深く、スラスラ読めると思いますよ!