やっちまった!そんな人に伝えたいこと

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!

 

インスタで「やっちまった!」シリーズを展開しており、現時点で30シリーズに到達しました…

まだまだわたしのやらかしはとどまるところを知りません…

日々やらかしているわたしですが、一応、反省しています(ほんとかよ)

そして一回一回、「わたしはなんてバカなんだ…」とへこんでいます。

みなさんもミスや失敗で落ち込んだことは少なからずあると思います。

 

今日はわたしが日々やらかしてへこんだとき、自分に言い聞かせている言葉をみなさまにお伝えしたいと思います!

 

やっちまい…ますよね!

再配達の時間を忘れて受け取れなかった…

といった小さな失敗から

 

仕事でやってはいけないミスをやってしまった…

といった大きな失敗まで

 

日々、いろいろとやっちまいますよね。わたしはやります。

そんなときのわたしの脳内で繰り広げられる対話と行動が、こちらです。

まず、とりあえずミスの後片付けを淡々と行う(真面目か)

ここで慌ててさらにミスの上塗りをするとめんどくさいので、とりあえず自分をなぐさめるのは後回しにして処理をおこないます。

迷惑かけた人に謝り、問題が収束したら、、

わたしはこのあたりでへこみはじめるんですよね。

なにやってんだ~~~も~~~さいあく~~~

そんな自分にこの言葉をプレゼント。

 

直近のミスを思い返してみてください。どうですか?

10年後も覚えてられる自信なくないですか???

 

つまり、その程度の失敗ということです!!

 

 

これでだいぶ救われるのでおススメです!!(脳みそを単純化アップデートする必要があります!)

 

まあ、同じこと繰り返さないようにするのは大事ですけど、いつまでも落ち込んでいると気持ちもふさいで別の問題に繋がることもあるかと思うので気持ち切り替えていきましょ!

わたしも仕事ではいろっっんなミスをやらかしてきましたが、なんっにも覚えてないです(どうなんだ)

いずれ忘れます!!

だから、大丈夫!!!

 

失敗や困難は乗り越えたら味方になる

なんか自己啓発本みたいなアツい題になった…

でもほんとにそう思うんです!

 

「なんでわたしだけこんな大変な目に遭うんだ!」

「悪いこと続きすぎて最悪!」

誰もがそんなふうに思ったことがあるのではないでしょうか。

 

わたしも人並みにいろいろな逆境、失敗、経験しましたが

そのたびにちょっとだけ強くなってる・・・気がします。

失敗も悪いことばっかりじゃないんだと思います。

 

いろんなパターンにあてはめられるようにめっちゃ抽象的に書きますね。

 

人生、先が見えず、不安ですよね。

行く先々で待っている敵キャラや落とし穴…

自分がいつどうなってしまうのかわからないのは結構なストレスです!

そして

この敵は、仕事のミスだったり、転職活動みたいな試練だったり、目の前にある「嫌なこと」だと思ってください。

はじめてのことだと、わからないことだらけ。

この敵をどうやって攻略すればいいのやらサッパリわからない…

あの手この手を試しても全然効いてないし気付いたらへとへと…

しかし、

自分で試したものや、人から「こうしたらいいよ」って教えてもらったものの力で、いつか倒せるときがくる。

問題そのものは解決しないかもしれないけど、自分の中でおさまりがついたり、「仕方ないか」って落とし込めたら敵はいなくなったとほぼ同義。

疲れたりケガするかもしれませんが、「不安」の正体がひとつわかって、経験値が増えました。

 

いつか出会う敵、いつか落ちる穴に今落ちただけ。

だからこれが終わったら、人生で出会う敵がひとり減って、落ちる穴がひとつ減ったのと同じこと!

そう考えるとちょっとだけ楽になるのではないでしょうか??どうでしょう・・・?

 

そうこうしているうちに、知恵や技能が身に付いて、先を読むことができるようになるかもしれない。

失敗は成功のもととはよく言ったものです!

 

こうして失敗を重ねて、いつか

スーパー失敗マンになれたらいいな!!(目指すな)

 

 

ちょっとアツく語っちゃったけど、わたしは日々の「やっちまった!」をこうして乗り越えています!

落ち込んだ日に思い出してくれたらうれしいです!

スーパー失敗マンの失敗を古典的なアニメ表現であらわした絵でさようなら~!

 

さて、今日の1冊はこちら!

下町ロケット/池井戸潤

超話題作になっていたので、わたしがおすすめするまでもないですね(^^)

確かな技術は持っているものの、資金繰りと大手企業の魔の手に負けそうになる「佃製作所」。

社長の「夢を追いたい気持ち」と「会社と社員を守りたい気持ち」の間で揺れ動く想いが上手に描かれています。

そして佃製作所社員のアツい気持ち、大企業を前に立ち向かっていく背中に惚れます!!

個人的に好きなのは、佃製作所の製品が基準を満たしているか監査に来た人たちを社員が言い負かすシーン!

かっこいいいよおおお!

困難に立ち向かい、乗り越える人たちを見るとスカッとして自分もがんばろう!と思えますね!

爽快感を味わいたい方はぜひ!

 

そして池井戸さんは、大企業になにか因縁があるのか?と思うほど、アンチ大企業の小説ばっかり描かれていますね・・・いや、面白いんですけど・・・(笑)

Advertisement