お義母さんからのお告げ【上】

こんにちは~!

今日はちょっとばかし不思議な話です。

長くなっちゃうと思うので、上・下にわけます。

 

タロスケの不思議な力(?)

 

突然ですが、夫・タロスケはちょっと不思議な力(?)があるようです。

というのも、過去こんなことがあったそうなんです。

 

タロスケがまだ実家にいたころ、リビングのソファでくつろいでいたら

突然、普段めったに会わない親戚のおばさんの声が自分の名前を呼んだと。

知らされてなかったけど、来たのかな?

そう考えて玄関まで行くと

誰もいなかったそうです。

空耳にしてはやけにリアルだったけど、勘違いだったのかな~…

 

という話を翌日、お義母さんにしたんですって。

すると、

なんと、名前を呼ばれたときと同じタイミングで、おばさんが亡くなっていたらしいのです。

 

自分を呼んだ声以外何も聞えなかったし、それ以降何があるわけでもなかったんですが…

とにかく、タロスケは「そういう」力というか、性質があるんでしょうね。

 

しかし

わたしこの手の話を実はほとんど信じてない。(笑)

自分自身の目で見えないものの存在は信じられないな~~。

 

と思っていたんです。

 

お義母さんが亡くなって

 

お義母さんが亡くなって、

「夢でもいいからもう一度会いたいなあ」

と毎日思っているのですが、一度も出てきてくれたことがなく。

こうなってくるとタロスケの性質にあやかってでもいいからお告げでももらえないかと

気持ちが傾いてきたわたし。

(こうやって自分の都合の良いときだけ信じようとするからダメなんですねきっと)

 

すると

ある日、タロスケの夢にお義母さんが出てきてくれたそうなんです!!

タロスケ、普段めっっったに夢見ないし、見ても記憶が曖昧なのですが

このときの記憶はすっごく鮮明にあるらしく。

 

すごいすごいすごい!

どんな夢だったの?!

 

というところで、長くなりそうなので明日に続きたいと思います!

めちゃめちゃ中途半端でごめんなさい!

 

 

みなさんはこういう不思議な体験ってありますかー?

わたしはマジでひとっつもないんですよー。

話のタネに一個は欲しいものです・・・。

(話のタネにしようとするこの思考がいけないのか?!)

 

Advertisement