幽体離脱なんて本当にあるの?【上】

みなさまこんにちは!

今日もブログを見てくださりありがとうございます!

昨日書いた、夫・タロスケの見た不思議な夢の話に関連して

今日と明日も、タロスケの経験した不思議なお話について書きたいと思います。

 

幽体離脱て・・・

 

前回のお話でもちらっとお話したとおり、

わたしは霊的なものをあんまり信じていません。

自分自身が見たことも感じたこともないので信じられる根拠がないのです。

しかし、誰かの経験したちょっと不思議な経験談を聞くのは好き。

霊に限らず、まだ科学では解明されていない真理がこの世界にあるんじゃないか?!

といろいろ考えちゃいます。

 

というわけでタロスケとよくSF関連の話をするのですが、

なんかの流れで、「幽体離脱なんて本当にできるのかね~」ってわたしが言ったんです。

すると、

は・・・

え????

幽体離脱に

「メッチャハマル」????

 

そして、もう10年くらい

「行ってない」????

 

どどどど、どういうこと?!

 

タロスケから聞いた話を、彼目線で書いていきます。

 

ある夜のことでした

 

タロスケ・高校生。

いつものように自室で就寝。

と、夜中に唐突に目が覚めました。

 

夜中に起きてしまうことはまれ~にあるので、

漫画でも読もうかとベッド脇の机にあるライトを点けようとしました。

しかし

 

なぜかライトが点かない。

 

コンセントに差して使うタイプだったので電池切れな訳がなく、

故障でもしたのかと思いました。

仕方ないのでベッドから降りて、メインの電気をつけようとしました。

 

しかし

 

こっちも点かない!!!!

 

こんなことあるか!?停電?!ブレーカー落ちた?!

 

いろいろと思考を巡らせつつ、

階段を下り、居間に向かいました。

すると

 

信じられない光景が!!!!!!

 

 

ここで次回につづきます!引っ張ってすみません!

明日で完結するお話なのでちょっとだけお待ちくださいませ\(^o^;)/

Advertisement