19・クルージング旅行記~平成最後の夜

みなさまこんにちは!

今日もブログを見てくださりありがとうございます。

そして、昨日の記事にたくさんのコメント、DMありがとうございました。

みなさまからのメッセージを読んで胸が熱くなりました。

これからも歴史や社会について学ぶことを続けて、これはと思うテーマがあれば発信していきたいと思います!

今日からまた役に立たない旅行記にもどります!

 

本編

那覇からまた船に帰って来たわたしたち。少し休んで、無料レストランのひとつであるアジアンダイニング「CHINCHIN」へ行きました!

(小学生の男の子がお店の名前を嬉しそうに連呼していたよ)

前菜で頼んだ3品がすっごく美味しかった!

これはメインも期待できるね~!と会話を交わしていた

これがフラグになってしまったのか

タロスケの頼んだ「とんこつラーメン」が出てきた瞬間声を失った

えっ・・・・・・・

 

これ・・・・・・は・・・・・・

 

とんこつ・・・・??ラー・・・めん・・・??

 

とんこつラーメン要素はどこへやら、コンソメを多めのお湯でといたスープに春雨をぶっこんだ「うすい春雨スープ」でございました。

こんなこともある。

わたしの頼んだ「エビ麺広東風」も、広東風はどこへやら、砂糖でしか味付いてないんかな?と思うくらいとにかく甘かったでございました。

こんなこともある。

 

メインはせつなかったけど前菜が美味しかったので良しということで丸く収め、今日のショーへ!

今日はピアノの演奏!!

わたしもタロスケもピアノ聴くのがとても好きなのでわくわく!いい席で観られるよう早めに行っておしゃべり。

 

そこで唐突にはじまる、「謎モノマネ」。(我が家の日常風景)

そして光の速さで世界観を理解し役を演じてくれる夫。(やさしさ)

 

ふたりで「あーーーキレそう」「マジでキレそうキレそう」「いや落ち着け、いったん落ち着け」っていう茶番を繰り広げていたところ

なんと隣に座ってらしたおばさまから声を掛けられ超ビビった。

迅速にお愛想モードに切り替えて対応。

 

これは…「うるさい」って怒られるパターンか…!?とヒヤヒヤしたのですが

なんと!!!!!!

 

あのしょぼすぎる歌を聴いてくだって、かつ覚えていてくださった!!!

 

感動・・・

(タロスケはおじさまのこと覚えてたらしいけど、わたしは全然思い出せなかった)

そしてそこからこのご夫婦と会話がはずみ・・・

開演までずーっと話してた。ほんとおやさしく穏やかなご夫婦で癒された…

こうしていろんなイベントで出会った人と仲良くなれるのも船の醍醐味!!

 

ちなみに乗船客の6-7割が高齢(オーバー60?)の方で、確かにわたしたちくらいの年回りの客は珍しかった。だからか結構目につくようで、いろいろな方に話しかけていただいた。

 

ピアノは想像通り、とても素晴らしかった!

あまりクラシック詳しくないわたしでも知っている曲がたくさんで嬉しかった。

くるみ割り人形、ロミオとジュリエット、トルコ行進曲(ジャズver.)、革命、トロイメライ等。

 

ショーが終わると22時近くになっており、早起きしたので早めに戻って休みたかったのですが

ここでもカジノ欲がドントストップのタロスケさんとは別行動で、先に戻って休ませていただきました。

 

ちなみにタロスケさん、ひとりでカジノへ行きスロットに興じていたところ

なんとスタッフの方に年齢確認されたそうです(>▽<)

そして「How old are you?」がうまく聞き取れず、「ゲーム楽しんでる?」的な質問かと思ったらしく

元気に「OKOK!!」と返したそうです(笑)

 

OKちゃうがな。

 

そのあとゆっくり言い直され、「27歳です」とちゃんと答えられたんだけど、

「ええええっ!27歳!?」と驚かれたそうです。

 

童顔タロスケに幸あれ。

 

あとがき

 

わたしはベッドの中で、タロスケはカジノで元号を跨ぎました。

ロマンも何もあったもんじゃない。

しかしこれが我が家クオリティー。

明日は石垣へ上陸します!

Advertisement