21・クルージング旅行記~豪雨、豪風の竹富島

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださりありがとうございます~。

前回の記事はこちら→竹富島に着くなり豪雨の洗礼を食らった話

 

本編

レンタサイクルをして1分も経たず、突然の豪雨におそわれ公民館的存在「ゆがふ館」に逃げ込んだわたしたち。

40分ほどダラダラと時間をつぶしていると雨が止んだ気配がしました。

この好機を逃してはならん!!ダッシュで島を周ろう!!

急いで島の中心部へ。

昔ながらの沖縄らしい町並みがとてもかわいかったのですが、堪能する暇もなく、また雨の気配…

雨足はますます強くなりそうだったので、あんまりお腹はすいてなかったけど一番近くの飲食店に駆け込みました。

みんな考えることは同じで、10人くらい並んでた。

 

ご飯のお味はと言うと

メチャクチャ美味しかった!!!!!!

 

まったく下調べしてなかったけど、これは全力でおすすめできる美味しさでした!

みなさん、ぜひ行ってみて~。島豚ランチすっごくジューシーでボリューム満点!ソーキ蕎麦もおいしい~!

お店の公式HPはこちら

 

ご飯を食べ終わる頃にはまた雨が止んでいたので今がチャンスと急いでサイクリング。

水牛が歩くことを考慮してか、竹富島の大部分が砂道。

雨でぬかるんだ砂道はサイクリングにあまりに不向きで、何度も転びかけたし、まっすぐ走ることができない・・・

竹富島では綺麗な海を眺めながらサーターアンダギーを食べることが一番の楽しみだったのですが、

現実はあまりにかけ離れた砂利道サイクリング。

景色なんてほっとんど見ないで駆け抜けたわ。

 

このすばらしい島風景を堪能できたのは、ご飯処を出てから駐輪場に向かう道くらい。

ぜったいまた来よう!!

 

さて、自転車を返して石垣へ戻るためのフェリー乗り場へ。

フェリー乗り場には結構な数の人が並んでおり、一度では乗り切れず何分か待ったのですが…

 

この時間がとてもきつかった。

なぜかって

 

ハチャメチャに寒いんだ。

 

5月の沖縄なんて夏だろ~☀と決め込んで半袖半ズボン(わたしはスカート)で意気揚々と出かけたのに、まるで冬。

気温の低さに相まって、吹き荒れる突風の冷たいこと冷たいこと。

 

もうネタにするしかないと思い、台風中継のムービー撮って遊んだわ。

 

並んでる人みんな唇まっさおにして絶望的な顔立ちしてた。

この状況で30分・・・

めちゃくちゃ長く感じた。

 

竹富島の本来の姿は、のどかであったかい島なんだと思う。

それを体感しに、また絶対来たいと強く思ったのでありました。

 

今回のこれはこれで楽しかったYO!

 

波が大荒れのため激しく揺れるフェリーに乗り、

港へ向かうバスを待ち、乗り、

乗船手続き列に並び、部屋に戻り、

シャワーを浴びて化粧落として

 

やっとベッドにダイブできたときは心から幸せを感じた~~~~。

 

おふとん、最高!!!!!!!

 

超気持ち良くて、ものの1分ほどで入眠。

3時間も爆睡してしまうのでした。

つづく。

 

あとがき

 

旅行先での体験が過酷であれば過酷であるほど、帰って来たときの安心感や布団に入ったときの幸せは大きくなる。

今まで過酷な旅はたくさん体験したけど、一番は3月の屋久島。

屋久杉を見るハイキングツアーはたくさんあるけど、わたしと友人が選んだのは「屋久杉のふもとでテント泊しよう」という、野外キャンプツアー。

1日で山を登って降りるより、テントに泊まった方が楽かと思ったんだよね。

しかしこれが大間違い。

豪雨の山道を登って屋久杉を見るまでは、キツかったけど良かった。

でも、そんな服を脱げるわけでもなく、びしょ濡れの体を拭いたり温めたりする術もなく(もちろんシャワーなんてどこにもない)、ビショビショの服のままテントで寝袋を敷いて寝る、というのは

ほんっとうに過酷だった。

寒くて寒くて、体に貼りつくジャージが気持ち悪くて、でも外に出ることはできなくて、とてもじゃないけど一睡もできなかった。

お金払ってなにしてんだろうって何度も思った(笑)

でも、なんとか夜を乗り越えて翌朝早朝から山を下りて入った温泉の気持ちよさ!!!!!!!!!!!

温泉をあんなに気持ちいいと感じたのは初めてだった!

普段まわりにあるものがどれだけありがたいものか痛感できるのも旅の醍醐味。

きつい経験をしたからこそ感じられる幸せがあるっていうのは旅でも人生でも同じですね。(急に壮大)

 

あ!屋久島だけじゃなくて長野の山での鬼ボランティアキャンプも過酷だった。これもいつか書こう。

Advertisement