25・クルージング旅行記~ありがとう台湾、その優しさを忘れない

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前回の記事はこちら→コミュニケーションの壁をぶち破った話

 

本編

無事コンタクト保存液を買えたので、インフォメーションセンターでもらったマップを見ながら街歩きをすることにした。

しかしこの地図が見づらくて…屋台がたくさん立ち並ぶ場所があるらしいんだけど、今いる場所からどう向かえばいいのかわからない!

信号待ちしながら地図を手に唸っていたら、

隣にいた女性がスッと手を差し伸べてくださった…。やさしい!!

「仁三路というところに行きたいんですけど…」

と伝えると、その女性もわからなかったようで、地図アプリを立ち上げて調べてくれ、「この道をずっとまっすぐ行けばいいみたい」とすごく丁寧な英語で教えてくれた。

海外はわからないことばかりなのでこうやって助けてくれる人の存在は本当に偉大…

おねえさんありがとうございます!!!

 

おねえさんのおかげで10分くらいで仁三路に到着。

しかし、いざ屋台の席に着いたはいいものの注文のしかたがわからない。

 

店員のおばさまたちは忙しそうに料理をしていて声をかけづらい…そもそもメニューの読み方がわからないから伝わらないかも…とまごまごしていると、

隣に座っていた学生っぽい男の子がすごく自然に助けてくれた…

 

「このメニューを頼みたいです」とiPhoneで漢字を打って見せると、「ok」と言った後

店員さんたちに叫んで伝えてくれた。

「ありがとう~謝謝~~!!」と言うとニコっと笑ってくれた。

すてきすぎんか・・・・・・?台湾・・・

 

日本人も相当やさしい民族だと思うけどさ、

「助けていいのかな~もしかしたら声掛けたら迷惑かな~うまく助けられなかったら恥ずかしいな~」

みたいな躊躇があるじゃないですか。

台湾の人の優しさは、日本人の親切さから、そういった躊躇をとりのぞいたような形で

みんながすごく自然に助けてくれる!!

親日国家だから日本人に特にやさしいのかな…?わからないけど、台湾がだいだいだいすきになりました!

わたしもこうして困っている人にスッと手を差し伸べられるようになりたいなあ。

 

 

仁三路、現地でしか食べられないような料理がたくさんあってとても楽しかったので、基隆港へ行く方がいたらぜひ足を運んでみてください!!

 

おなかがいっぱいになった後は船に戻り、

卓球で遊んで、マジックショーを観ました。

特筆するようなできごとはなかったのでこのへんは割愛!

 

とにかく台湾では「人のやさしさ」に触れ幸せでした…

わたしは「もらった優しさを2倍にして返す」ことをモットーにしているので

台湾で、インフォメーションセンターの方2人と一般の方2人に優しくしてもらったので、

これから8人の方は絶対助ける!という気持ちで日々過ごしています!!

(ちなみに、現時点で2人しかノルマ達成してない!!あと6人!!)

 

それがわたしの

↑ラインスタンプみたい

 

つづく。

 

あとがき

 

人に親切にしよう、とはいつも思っているんですが、「迷惑になっちゃうかもしれないけどいっか~」っていう思考で見て見ぬふりしちゃうことがあります…

「8人助ける!」と目標を決めるとそういった迷いがちょっとなくなる気がする。

困ってる人見つけたらスッと助けられる人になりたい!

 

とは言え、以前ディズニーランドで「ジャンプしてる瞬間を撮ろう!」とセルフタイマーで頑張っている女子高生4人組に、「良かったら撮りましょうか?」と声を掛けたら「は?」と言われたのは悲しかった…(笑)

タロスケに、あの子たちはうまく撮れないことも含めて楽しいんだよ、とフォローされて、ああ確かに自分にもそんな時代があったなあと思いだし、自分が着実に年を重ねてることを感じまた切なくなり…

にしても、「は?」は無いよね~~~~~~~!?!?!(涙)