ゆるっと質問回答

こんにちは!

最近スンドゥブにハマっていますmomoです。(っていうノリのブログの始め方、中学生のときしてたなあとなんとなく思いだし)

 

今日はインスタの質問箱でいつの日かにいただいたご質問にゆるゆるっと答えていきたいと思います。

いつもたくさん質問やメッセージいただくんですがスペースや時間の関係でなかなか回答できなくて申し訳ないなあと思っていたので…(もちろんメッセージは全部読んでいます!みなさんいつも本当にありがとうございます~)

 

 

恋愛系

 

タロスケさんが好きだなって思ったきっかけはなんですか?

 

タロスケとはまず、わたしが大学2年生のときに入ったサークルで出会いました。

めちゃくちゃしょーもないのですが、一番最初に意識したのは、サークルでカラオケに行ったときに聴いた彼の歌声がすばらしくすてきだったこと。(笑)

歌うまい人にあこがれがあるので(というか、どんなジャンルでも、何かを極めている人に惹かれやすい)

なんだこの人…うまい…誰…!!

となったのが第一歩。

そこから飲み会の場でもちらちら気にするようになり、

穏やかな物腰と誰も傷つけずに場を盛り上げることができる気遣いのセンスに惚れたんす…(誰

で、勇気を出してサシ飲み誘ってみたら、わたしのつまらんとりとめのない話をすごく興味深そうに聴いてくれて

気付いたらはじめてのサシ飲みなのに重い家族の話とかまでしちゃってて、

この人にだったらなんでも話せるな、心をあずけられるな、好きだな!!って思いました。

(お互い恋愛に慎重すぎて、付き合ったのそこから半年後くらい…長っ…でもその期間楽しかった…)

 

夫婦での決め事みたいのはありますか?

 

ハッキリした決め事としては

・帰宅が夜12時を過ぎるときは、事前に連絡する

くらいですかね(すくなっ…

でも口には出さないけど

・相手が担当した家事の内容ややり方に文句を言わない

・相手の休日の過ごし方に口を出さない

・相手のお金の使い方に口を出さない

など…「お互いの考え方や生き方を尊重しあおう」とする暗黙の了解があります。

結婚しても別々の人間、別々の人生だからねって考え方です。(^^)気楽~

 

彼氏がわたしよりも友達と遊んでてさびしいです。

どうやったらうまく甘えられますか?

 

これはどうしようもないかもしれません…

冷たく聞こえたらごめんなさい。

彼氏さんがあなたのことを好きじゃないとか、大切にしてないとかそういうことはわたしは思いません。

ただ、彼氏さんの望む時間の使い方が「友達といる」ことだという、ただそれだけだと思います。

それは彼氏さんの価値観で、人生で、他人がどうこうできる領域ではないんじゃないかな…。

ただ、「さびしい思いをしてるんだよ」「本当はもっと会いたいんだよ」と伝えてみるのはありかなと!

それを伝えた上でやっぱり友達といたいというのならそれは仕方ない。彼氏さんの人生ですから…( ;  ; )

 

人生系

 

むちむちのマシュマロボディにあこがれるんですが、

太れないのが悩みの女って正直うざいですか?

 

うざくないですよ!!笑

どんな人にもその人なりの悩みがあって、他の人からしたら「大したことない」って思う悩みであったとしても

本人が真剣に、重大に捉えていたらそれは重大な悩みです。誰にも否定はできないししちゃいけない領域。

「自分にないものを求める」悩みであれば、それが相反するのは当たり前ですしね。

わたしは痩せたいけど、だからといって「太りたい」と言ってる人に対して

「こっちは痩せたいって言ってるのに、嫌味か!!」とか

「贅沢な悩みだ!!」とか

そんなことは思わないですよ。

あなたが太りたい(というか、むちむちになりたい)こととわたしが痩せたいことは別の話。

わたしの友達がそう話していたら、「お互い悩みは尽きませんなあ~」と言うと思います。

お互い悩みは尽きませんなあ~。

 

春から上京して一人暮らしするんですが生活する上でのアドバイスください!!

 

おお!ウェルカムトゥ~トーキョ~~♪

わたしは一人暮らししたことないのであれですが(なんだ)、

物を増やしすぎない努力が大切かもしれません…

一人暮らしだとスペースも限られるでしょうし、最初は新生活にわくわくして

いろんなものを買い揃えたくなるものですが、「ほんとうにこれは必要か…?」と立ち止まって

考えながら、必要なものだけを揃えることをおすすめします…

これを打っているわたしの視界にチラチラうつるミキサーがそう言えと圧をかけてきています…

ちなみに、やかんよりもティファールの方が圧倒的に便利です。ちょっと高いけどティファールおすすめ!

 

 

旅行でおすすめな場所はありますか?

 

※順番はハードル低→高となっております(東京人のわたしから見て)

・鎌倉

お手軽に非日常体験ができる。あたたかくなったら着物で散策したい。

・北海道

とにかく海鮮のクオリティに舌を巻く。雄大な自然と涼しい風も大好き。(ただし春~秋に限る)

・京都

何度行っても飽きることのない魅力がそこにある。1ヶ月くらい住みたい。

・宮島(広島)

「日本にこんなところあるんだ!」と感動した。厳島神社の神秘的な雰囲気はまるで異世界。

・鹿児島

桜島、また見たい。のどかで、食事も、空気もおいしかった。

・直島(瀬戸内海)

島全体がアート!どこまでも歩きたくなる島。島ならではのゆったりした空気も大好き。

・台湾

安くて、おしゃれで、ご飯が美味しくて、安い(大事だから二回言いました

・タイ

食事も人も、日本人にすごく馴染みやすいと思う。はじめての海外にもおすすめ。

・ベトナム

交通量とか食事風景とかカルチャーショック大きいけど、それも楽しくなにより安い!

7万あれば4泊5日でいいホテル泊まって好きなだけ食べて遊べると思う。

・ベルギー

ブリュッセルよりブルージュがすばらしい!絵本の中に迷い込んだよう。

ちょっとした小路にあるチョコレート屋に心躍る。ワッフルもおいしい。

 

ですかね!!あ~、海外また行きたいな。

 

 

小学校の先生にならなかった理由を教えてもらえますか?

 

(わたしは小学生のときから「学校の先生になりたい」という夢があり

大学も初等教育の資格が取れる学部を選びましたが結局教職にはつかず民間に就職しました)

 

正直に申し上げますと…

怖気づいた&諦めた のです!!(ドンッ!)

 

まず小学校の先生になろうと思ったのは、

「小学校のときの自分のように自信がなく視野も狭い子どもに広い世界を教えてあげたい、生きる力をはぐくんであげたい」

「誰もが誰もを認められる価値観を育てたい」という思いからだったのですが…

教職について深く学び、見学や実習を通して現実を見て感じたことは

「圧倒的に時間が足りない」。

基本的に1学年の担任ができるのは1年間。その1年間の限られた時間の中で、カリキュラム通りの授業をこなし、雑務もこなし、教材研究もして、研究授業の準備もして、行事の準備もして、委員会やクラブの受け持ちもして…

そんなタスクに追われ、保護者や他の先生方からのご意見(やさしい言葉で言いました)も受け止めつつ、

はたしてわたしは子どもに向き合えるのか?

と疑問に思ってしまったのです。

端的に言うと理想を高く持ちすぎて、目にした現実とのギャップに怖気づいたんですよね。

もちろん年数をかけて慣れてくれば、それなりに理想を叶えることもできると思います。

でも実習中、理想を追いかけるむずかしさに何度も直面して…

(わたしの目指すところと保護者の方の意見が食い違ったり、そもそも学校での学びは家庭環境、保護者の教えには勝てないんじゃないかと思ったり…)

わたしには無理だ、とあきらめてしまいました。

でも教育学部で学んだことや経験は今に生きていると思いますし、後悔はしていません。

教職に就かれている方でこの文章に不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら申し訳ないです…

あくまで一個人の考えでございます…

 

今転職活動中です!一喜一憂しないって決めたんですが、

ももさんは何か心得ありましたか?

 

いや、わたしも転職活動中めちゃくちゃ一喜一憂してましたよ!(笑)

基本的に職探しは心がブレブレになります。

相当メンタル削られる分、職探し以外の部分ではHPを使わないよう、いつもにも増して自分に甘くしてました。

好きなもの好きなだけ食べる、甘いものもいつでも食べたければ食べる、

欲しいマンガも買っちゃう、かわいいと思った服も買っちゃう、

苦手な人がいる場所に行かない(これはいつもですが)、気が乗らない集まりにはいかない等。

「がんばってる今だけだぞ~、ボーナスステージだぞ~」と自分に言い聞かせてました。

転職活動ファイトです!

 

長くなってしまったのでこのへんで!

またランダムに回答しますね~。