1・お義母さんが教えてくれたこと

みなさまこんにちは。

 

今日は、お義母さんの一周忌です。

お義母さんは去年の今日3月19日に、全身に転移した癌によって亡くなりました。

インスタグラムでそのことをお伝えした際は、みなさまからたくさんのあたたかいお言葉をいただき

本当に嬉しかったし、励まされました。ありがとうございます。

あれから1年…長い1年でした。

親戚の集まりや夫の実家へ行く度、お義母さんがひょっこり出迎えてくれるような気がしてしまって

「ああもう会えないんだった…」と思い知らされ、いつもまわりを明るく盛り上げてくれたお義母さんがいない寂しさを痛感しました。

 

わたしよりももっと、もっとずっと、夫や、お義母さんの家族、親戚の方、ご友人の方々など

つらく、かなしい、くやしい思いをしている人がいる。

 

お義母さんから教えていただいたたくさんのことについてみなさまに伝えたいと思いつつも、

わたしの立場で描いていいのだろうかと悩んでしまい、1年が経ってしまいました。

 

今もその悩む気持ちはあるのですが、このまま時が進み、記憶が風化しないうちに、、やっぱり伝えたい。

実はこのマンガは約1年前に描き始めたもので、絵も文もいろいろと未熟なのですが、一周忌というこのタイミングで始めたいと思ったので、このまま掲載させていただきます。

途中からフォントが変わったりなど見づらい部分もあるかもしれませんがぜひ読んでくださるとうれしいです。

 

お義母さんは本当にすばらしい方でした。

いつも笑顔で、明るく、つらい状況の中でも人生を楽しんで、わたしを元気にさせてくれました。

そんなお義母さんのすばらしさをみなさまに伝えたい。

そしてお義母さんへのたくさんの感謝の気持ちを込めて…

 

本編

 

 

あとがき

プロローグ的な部分です。

お義母さんがいなくなって一年が経ちましたがお義母さんが教えてくれたことはずっと胸の中にあります。

それだけ大きな影響をわたしに与えてくれました。きっとずっと忘れません。

わたしの中だけにとどめておくにはあまりにももったいないくらい素敵なことなので

ぜひ、ぜひ最後までお付き合いください!

 

お義母さん。

わたしもあなたの息子さんも元気に楽しく生きています。

お義母さんが最後に褒めてくれたフォロワー数、あのときは5万人でしたが今は12万人になりました!

また褒めてほしいなあ。

いっしょにご飯食べたい。

本当は中華がいいけど、病院の地下のおうどん屋さんでもいい。

またたくさん頼んで一口食べて「あと全部あげる~」ってとんでもない量よこしてほしい。

話したいこといっぱいあるし、聞きたいこともいっぱい。

お義母さんに会いたいです。